むち打ちについて

  • レントゲンでは異常がないのに、痛みが残る
  • シップや痛み止めでは回復が遅い
  • 痺れや痛みが残るのが不安
  • 身体の動作や可動域に違和感を感じる
  • 事故後、しばらくしてから痛みが出てきた
交通事故後「身体がスッキリしない」「なんとなく身体が重い」などでお困りではありませんか? 交通事故後の不調は目に見えるケガよりも、目に見えない身体のダルさや不調は長引くことがあります。
これは”むち打ち”にはよくある例で、交通事故に遭った際に強い刺激を受け、筋肉や神経も損傷を受けたのに気が付かず、筋肉が歪んだまま硬縮してしまい、神経を圧迫し、痛みや不調につながってしまうことがあります。
筋肉を歪んだまま放置せず、早めに施術を受けに来てください。

漫画で読む!身体の不調はお早めに!

初期治療が大切

「むち打ち」施術のポイント!

むち打ち回復のポイント

身体の不調があれば、交通事故の影響を疑う
事故から暫くして、身体の不調を感じることがあります。
しかし、事故に遭ってから時間が経過しているため、不調の原因が交通事故と関連しているとは思わず、体調がどんどん悪化するケースもあります。
通っている専門機関、治療院が合わないと思ったら変更する
事故に遭った際、とりあえず空いている専門機関で診てもらったとしても、その後は他の治療院に通うことはできます。
しばらく通っても「体調の回復が望めない」「施術方法が合わない」と思う時は、通っている院を変えることも大事です。
急性期と回復期に分けた施術をする
事故直後の急性期と言われる痛みが激しい状態時は、炎症や痛みを取ることを優先します。痛みが激しい時に、痛みの部位を無理に矯正したりすると、痛みでさらに筋肉が硬縮し回復が遅れる場合があります。
まずはしっかりと痛みや炎症を緩和し、回復期に骨と筋肉・神経のバランスを正しい状態に戻すための調整を行いましょう。

しびれや痛みを残さない!むち打ちを改善に導く施術とは?

高松むち打ち.comでは、交通事故によるしびれや痛みを残さないために、お一人おひとりに合った施術プランを提供しております。

炎症や痛みがひどい急性期は、即効性のある鍼で痛みをとったり、深部まで届き身体の痛みを読み取り修復が望める「アキュスコープ」で対応していきます。
その後、ある程度痛みがなくなると、固まった筋肉や、事故で歪んだり、ねじれた身体の調整を行っていきます。
高松むち打ち.comの”筋膜リリース整体”は、お年寄りやお子様でも安心して受けて頂けるようにしています。歪みやねじれよが残らないよう心がけます。
身体の本来の動きや、手を上げる角度・首を回す角度など、身体の可動域が狭くなったと感じる方には「リハビリストレッチ」の指導も行っております。