専門医療機関と整骨院の正しい通い方

通うのが大変...イラスト

  • 身体がしんどいので待ち時間なしで施術を受けたい
  • ずっと遠い専門機関・病院に通うのは大変
  • 会社帰りに通いたい
  • 病院でのシップと痛み止めだけで改善が見られない
  • 通院期間が終わるけど、体調が戻らない
事故後に専門医療機関・病院に行くと、真っ先にレントゲンを撮ってくれます。
確かに、レントゲンも大事な要素の一つで、骨折やひびを見ることができます。
レントゲンを見ることで、自身の身体がどのような状態にあるか、しっかりと把握することができます。しかし、骨折や骨にひびが入っていないと、専門医療機関・病院ではそれ以上手当することがなくなって、痛み止めやシップを処方するだけの場合が多いようです。
ですが、実際には筋肉の損傷や、歪みから圧迫されて神経が痛みを起こす場合など、レントゲンではわからない場合もあります。
整骨院なら、手技で筋肉の状態など、レントゲンではわからない痛みを確認することができます。
専門機関や病院ならではの事故治療や痛みの緩和方法があるのと同じで、整骨院ならではの
手技治療や電気治療法などがあります。
回復過程が沢山あるほうが、早期改善につながり後遺症を残さずに回復が出来ます。
事故後の目に見えない痛みは、高松むち打ち専門院にご相談ください。

漫画で読む!専門機関の役割と整骨院の役割

専門医療機関ではわからない痛みは、高松むち打ち.comにお任せ!

交通事故後に痛みを感じてすぐに病院に行くと、傷の手当、レントゲンなど一通りの検査をしてくれます。ですが、レントゲンに異常がなく見た目の傷が治ると、体がしんどくても専門機関・病院での通院を打ち切られてしまいます。
そんな時、皆さんはどうされますか?
痛みを我慢するか湿布や薬でごまかして、いつまでも良くならないまま、その場しのぎの対処療法で過ごされる方が多いと思います。

しかし、その辛さは日を追うごとに悪化していくかもしれません。
高松むち打ち.comでは、身体の倦怠感や辛さの原因をしっかりと検査し、手技で筋肉や神経をほぐし元の身体に戻すことを目的とします。
最新の施術機器もご用意しておりますので、事故後のお身体の痛みはご相談下さい。また、保険に関することや事故後の処理なども、専門家とも連携しておりますので、アドバイスも可能です。